出会い系サイトで知り合った男性の愛人をやっていた私

shutterstock_378433924

その経験から、男性はみんな元彼氏のような人ばかりだと思うようになりました。

そして私は男性に対して本気で恋愛感情を抱けなくなりました。

好意を抱く事は何度かありましたが、それ以上に私を愛して欲しいと思ってばかりでした。

それから数年がたち、私は22歳になりました。

この頃の私が好きになるのは、既婚者の男性ばかりでした。

既婚者だったら家庭があるから本気の恋愛に発展しなくて済むからです。

しかし既婚者との出会いの場は少なかったので、既婚者が多いと噂のある出会い系サイトをやるようになりました。

出会い系サイトは登録すると、頻繁にメールが届きます。

彼氏を作らなくても寂しいと思う暇がないぐらいなので、その状態が私には心地良かったのです。

毎日、既婚者の男性とメールのやり取りをしていました。

身体目的の人も多かったので、そういう男性はメールのみで会う事はしませんでした。

しかし、中には愛人になって欲しいと求めてくる男性もいました。

愛人になって欲しいと求めてくる男性は、経済的にも余裕がありそうな職業の方が多かったです。

そして愛人になったら毎月決まった金額のお金やプレゼントをあげる、という事まで言ってきました。

最初は、本気にならない恋愛をしたいと思っていました。

でも愛人になればお金やプレゼントも貢いで貰えるのだという事実を知ってしまうと、愛人になりたいと思うようになりました。

愛人になりたいと思うようになってからは、愛人になって欲しいと求めてきて好条件を出してくれる人と会うようになりました。

初めて会う日にプレゼントを持参してくる男性も居ました。

数人と食事をしてから、好感が持てて恋愛をできそうな相手を選びました。

最終的に、1番好感を持てた男性は40歳の会社経営者でした。

奥さんも浮気は黙認しているので愛人がいるとバレても訴えられない、という点が1番の決め手でした。

本気にならずに恋愛をしていても、奥さんからしたら愛人は許せない存在です。

いつか訴えられて修羅場になるのは避けたかったのです。

彼も奥さんとは離婚をする気はないと言っていたので、お互いに本気にはならずに恋愛を楽しめそうだと思いました。

彼の愛人になってからは、週に2~3回の頻度でデートをするようになりました。

食事やショッピングだけの日もありましたし、ホテルへ行って愛を深める日もありました。

彼は私と恋愛を楽しめて満足していましたし、私も彼と本気にならずに済む恋愛をしていたので満足感がありました。

プレゼントを買ってもらえたりもしていたので、愛されている感覚もありました。

会えない日も連絡を取ってくれていたので、毎日が本当に幸せでした。

第三者から見たらおかしな関係かもしれませんが、普通の恋人に近いような感覚で恋愛をしていました。

そんな彼とは4年ほど関係を続けました。

関係を終わりにしたのは私からでした。

このまま彼といたら、いつか本気で好きになってしまいそうな気がしたからです。

彼が作り上げてきた家庭を壊すのも嫌でしたし、彼に縋りついてしまいそうになる自分も嫌でした。

嫌な自分にならない為に、彼との別れを決断したのです。

彼は本当に優しくて素敵な男性でした。

一緒に過ごす時間は、偽りのない私でいられたし楽しかったです。

これからも本気の恋愛をするのは難しいかもしれませんが、いつか本気の恋愛をしても彼との事は一生忘れません。

コメントは受け付けていません。